サイトの強さの指標ドメインオーソリティとは

サイトの強さの指標を知りたいのであれば、従来であればPagerankという評価方法を使えば良かったわけです。これは検索エンジンの結果ページにおいてGoogleツールバーを参照すれば、どの程度のサイトの強さであるのかスコアで確認することが出来ます。スコアの基準は、外部からどのくらいリンクが張られているのかという量と質によって決まってきます。スコアは0~10の11段階で参照することが出来ますので、どのくらいの強さなのかというのが参考にすることが出来るということです。スコアが高ければ高いほど、上位表示する可能性が高くなります。

しかし、Pagerankは2016年に外部に公開することを廃止しましたので、検索エンジンの結果ページなどを見たとしても、サイトの強さについて参考にすることが出来なくなりました。ただ、外部公開は廃止されましたが、未だに検索アルゴリズムには反映されていますので、決して無くなったというわけでは有りません。

ページランク自体は重要な指標だっただけに、どこかで代替案があれば望ましいことです。具体的にはMozillaが開発したドメインオーソリティーというツールがあります。Mozillaというのは会社名で、商品のブランド名のことをMozと言います。このツールを使うことによって、ページランクに代わって、数値で一目で確認することが可能です。数値に関してはWebサイトが検索するに当たってどのくらいの割合で上位表示されるのかということについて、1から100までの範囲で分かります。サイトの評価について一目瞭然ですので、ぜひとも参考にしてみるのがいいのではないでしょうか。

Mozillaのドメインオーソリティーは同社が提供しているツールである、OpenSiteExplorerやMozBarなどから使えばいいです。無料で使うことが出来ますので、ドメイン自体の評価とページ自体の評価を共に、数値で確認することが可能です。ドメインオーソリティーはPagerankの代替案に十分になり得るくらい高機能に該当します。

せっかくドメインオーソリティーを使うのであれば、競合他社との間での競合チェックに活用するのが望ましいです。自分たちのサイトの評価だけを気にしても仕方がありませんので、上位表示を目指すのであれば、競合他社との競合チェックで相対比較をしてみる必要があります。相対的に数値がどうなのかということから、さらなるコンテンツの充実を図ったりするなど、サイト設計に役立ててください。