中古ドメインと違い新規ドメインのSEO対策の効果は?

新しくビジネスを興したりする場合には、新たにWebサイトを用意したり、新規ドメインを準備したりすることがあります。新規ドメインは中古ドメインに比べるとSEO対策が不利であると言われています。それはなぜかというと、若すぎるドメインの場合はまだクローラーが巡回していませんので、インデックスされるのに時間がかかるからです。新規ドメインで運用を続けるのであれば、継続性を持って取り組んでいかなければいけません。

新規でWebサイトを作ったからと言って、すぐに上位表示されるということは限りなく難しいです。SEO対策をしたとしても、普通のサイトと同じように効果が上がるのは短くて3か月程度、長くて1年程度はかかります。1年ぐらいは辛抱し続けることがポイントです。粛々と継続性を保ちながら、良質なコンテンツを書き続けるしかないということになります。きちんとサイト設計をした上で、ユーザーが求めるコンテンツを提供するということが大事です。それと共に、クローラーが巡回してインデックスされるようになれば、即評価されることも十分にあり得ます。

黙っていてもいつ評価されるのかというのが分かりませんので、いち早く評価を受けるためには、SNSとの連携を図るということも重要な視点です。SNSで注目を浴びて記事が拡散されるようになれば、多くのユーザーに注目されることになりますので、それに釣られる形でクローラーが巡回しやすくなります。その結果として、上位表示されるということも十分にあり得るわけです。狙ってSNSユーザーに注目されるというのは難しいことですので、粛々と良質なコンテンツを提供し続けることが重要です。

新規ドメインでも早めにSEO対策をするのであれば、被リンクを受けるようにするということです。自社で既存のサイトがあるのであれば、そこから被リンクを設定するということを考えたりすることを考えてください。外部リンクの場合はなかなか対策がしづらいことがありますので、地道にコンテンツを提供し続けることによって、被リンクをもらうようにするべきです。

新規ドメインでSEO対策をするのであれば、最初のうちに大量に記事を更新するのも一つの手ではないでしょうか。大量に更新してクローラーに巡回してもらうことが出来れば、早めに上位表示などの効果を出すことも可能です。中古ドメインに比べると、新規ドメインの場合は1年程度はかかる可能性がありますが、地道に対策をし続けることが求められます。