目的別でみるドメイン購入の選定方法

Webサイト

ドメインを購入する際にはメインサイトに利用するのか、サテライトサイトに利用するのかによって異なる基準があります。メインサイトに利用するのであれば、それ相応に品質重視で購入することが求められます。品質が悪ければSEO効果が全然出ないどころか、マイナスから始めなければいけなくなるということです。サテライトサイトとはメインサイトの補助として使われるサイトですので、これは品質重視よりも価格重視で考えても構いません。価格重視ということは、ある程度安いものでも良いということです。高い品質を求めなければ、安く購入できることもありますので、目的に応じてドメインを選択するのが良いでしょう。

中には安く購入したいということで、中古ドメインを購入するケースもあります。中古ドメインは一度どこかで使われたドメインになり、良い意味でも悪い意味でもその影響を受けることになります。中古だからと言って、価格が高い方が必ずしも品質が高いのかというとそういう訳でも有りません。もし中古ドメインをメインサイトに据えようとするのであれば、SEO効果を出すためにも品質が問われますので、ある程度の費用が掛かります。サテライトサイトにするのであれば、品質はマイナスにならない程度のもので良く、費用をあまり掛けなくても構いません。

中古ドメインを購入するのであれば、ドメインエイジや被リンクの質、運用履歴、以前に使われたジャンルなどを確認する必要があります。優良な販売サイトであれば、購入者が気になるこういう項目について事前に公表していますが、購入者としても責任を持ってこういう項目を確認するようにしてください。こういう項目をしっかりとチェックしていれば、そうそうハズレを買うということはまず有りません。

運用履歴や被リンク、ジャンルがどうなのかについては入念に確認してください。別にこれから運用するジャンルと同じものである必要は無く、SEO効果があるドメインであれば積極的に選んだほうが良いです。しかし、被リンクやジャンルがアダルトやスパム、如何わしいECサイトなど、どう考えてもマイナスに当たるようなものであれば、このドメインは使用しないのが賢明です。

ドメインを購入する時には、どういう目的で利用するのかを事前に確定させた上で、選ぶようにしてください。目的に合致しない選び方をすると、損をしてしまうことにも成りかねません。何だかんだ言って費用が生じますので、目的に合致したものを買うべきです。