SEOに効果あり!WEBページに共起語を入れよう

共起語というのは、キーワードと併せて出現する可能性が高い語句のことを言います。Googleなどである特定の語句を検索クエリに入力した時に、関連性がある語句を表示することがあり、その語句のことを示します。例えば、検索クエリにSEO対策と入力した時に、サジェストとして現れる語句として費用や基本、キーワード、コンテンツなどが出てくる可能性が高いです。関連性があるワードが表示される可能性が高いですので、こういうものをうまく活用することによってSEO対策をすることが出来るということです。

WEBページを作成する時に、まずキーワードを設定することになりますが、その選定の際に共起語として使用されている特定の語句を抽出するところから始めます。キーワードと共起語を組み合わせた形でコンテンツを作成することによって、検索ユーザーがより具体的な問題解決のためにWEBページに訪れる可能性があります。検索ユーザーの意図を汲み取った形でコンテンツ作成をすることによって、SEOにも効果が出てくるということです。

コンテンツを作成する時には、まずどういう共起語を入れるのかということを考えずに、検索意図を反映したものにします。独自の視点で記事を書くことによって、検索エンジンにも評価され易くなるということです。コンテンツを作る時には何らかのキーワードがあるはずですので、ぶれることなく作成して行ったほうがいいです。いきなり共起語を入れた形で記事を書こうとすると、そのことばかりに気を取られてしまい、テーマからどんどん外れる可能性が高まります。検索ユーザーとWEBページを一致させるような形で、オリジナルコンテンツを作っていくことです。

次に作成したWEBページに対して、含めても差し支えない共起語を入れていきます。ページのテーマがぶれないような形で入れられるような語句を、文章の邪魔にならないように配置するべきです。ただ共起語をやみくもに入れればいいというわけではなく、ページの内容に沿うように入れていくということです。自然な形で文章に挿入することが出来れば効果的になります。

このようにして検索ユーザーのニーズが一致していればいいですが、ニーズが変わって検索順位が下がったのであれば、下がったコンテンツに関しては共起語を見直したりするなどのリライトを要します。もう一度検索ユーザーのニーズを汲み取るところから始めて、それに対応したコンテンツを改善していきましょう。