SEO対策としてドメイン名は関係あるのか

.comが印字された用紙とUSBケーブル

ドメインとはどういうものかというと、インターネット上の住所に該当します。住所に例えられるということは、同じものが2つあるということは一切あり得ません。もうすでに存在しているドメインと同じ名前を付けることは出来ないということです。

ドメイン名とSEOは互いに何か影響するのかというと、正直言って影響しないです。トップレベルドメインとは、最後に付けるcomやjp、bizなどのことを示します。トップレベルドメイン自体は意味がありますが、その意味にこだわることなく自由に付けることは可能です。ただ、トップレベルドメインとSEOの関係ということで言えば、Googleから正式に無関係だということが公式発表されていますので、自由に付けてもらえれば大丈夫です。

新規ドメインの名前については自由に決めてもらって構わないわけですが、ただユーザーにとって分かりやすい名前にすることは前提条件になります。多くの場合は企業名やブランド名を付けることがほとんどです。コンテンツのキーワードを無理して入れる必要はありません。SEOの影響は無いにしても、ユーザーにとっては大きなものになりますので、分かりやすさを最優先して付けるようにしてください。

ドメイン名を決めるのであれば、出来るだけ短い名前を取得する様にするといいでしょう。短い名前で分かりやすいのであれば、それは一番のおすすめになります。意味が分からないような名付けをして短くするのは全く意味がありませんが、短く、分かりやすい名称があるならば、それをうまく活用したほうがいいです。URL欄に直接入力する際にも、短いドメインのほうがはるかに入力しやすくなります。長すぎる名称にすると、入力ミスが起こりやすくなり、結局クリック率が下がるということにもなりかねませんので、短くてインパクトがある新規ドメイン名を付けるようにしてください。

ドメインを取得する時に、分かりやすいものであればクリック率が高くなる可能性があります。SEOには直接影響しないということが言われていますが、分かりやすいものであればクリックしたくなるものですので、ブランディングとマッチしたドメイン名を取得するようにするべきです。新規ドメイン名にキーワードを絡める必要は無く、そこまで神経質にならずに自由に名付けをすることがおすすめです。一度新規ドメインを付けたら、変更することが出来なくなりますので、会社のブランドイメージなどに合ったものを付けましょう。